五山の送り火・スポットや時間!護摩木の奉納方法まで紹介!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

京都の夏の風物詩のひとつに五山の送り火があります。

毎年お盆の8月16日に行われる京都の伝統行事です。各地から大勢の人が集まる京の夏、代表の観光スポットです。

京都三大祭(葵祭、祇園祭、時代祭)に加えて、京都四大行事の一つにも数えられる夏の風物詩です。

大文字焼きとも呼ばれており毎年、国内だけでなく海外からも大勢の夏の風物を楽しむ観光客が集まり、京の街はたいへん賑わいます。

 

そんな五山の送り火をスムーズに観覧できるよう、スポットや点火時間など詳細をまとめてみました。

 

スポンサーリンク



 

五山の送り火・スポット

すべての五山の送り火をいっぺんに見たい場合は、高いところから見るしかありません。

例えば、京都タワー、舟岡山公園、京都ホテルオークラ、京都駅ビル空中経路などがあります。

 

ひとつかふたつをじっくりと堪能したいのなら、やはり有名どころは「大文字」です。

 

ゆっくりと送り火を楽しみたい方は「鳥居形」をお勧めします。ちなみに「鳥居形」だけ少し遠くにあるため比較的、混みあいません。

 

送り火は、近くから見ると豪快なパチパチと焼く音や、鐘の音なども聞くことができ、雰囲気を楽しむことができます。

 

では、定番の観賞スポットを紹介しますね。

 

京都タワー

京都タワー展望室で送り火の見るには京都タワーホテルの『五山の送り火鑑賞と晩餐の夕べ』プランを予約する必要があります。

ディナー+フリードリンク+展望室入場料でひとり20000円(税込み・サービス料込み)

京都駅ビル空中経路

京都駅ビル空中経路では事前抽選制です。計700名程度が入れます。

料金は無料です。7月中に10日間ほどの応募期間があり、はがきで応募する形です。インターネットでも申し込めます。

詳しくは京都駅ビルまでお問い合わせください。(旅行会社によってはツアーを組まれているところもあります)

将軍塚市公園展望台

全部見ることはできないが複数の送り火が見える鑑賞スポットとしておすすめです。将軍塚市公園展望台は、妙法以外はほぼ見えます。

 

将軍塚市公園展望台は最高の眺望を誇ります。しかし当日の料金は800円(いつもは500円)です。

 

将軍塚に行くための東山ドライブウェイ自体が、交通規制で通行止めになります。事前に許可をとったタクシーやバスしか辿り着けません。

また、もっとも眺望の良い西の展望台は特別料金となります。

高野川堤防(高野橋北)

東岸からは北のほうに「妙」「法」、南東方向に「大文字」が見えます。

実際には場所によっては少し隠れていてパーフェクトにすべてが見えるところではないですが、人気スポットです。

高野橋東詰

北大路通りの高野橋東詰の付近は「法」の送り火がきれいに見えます。高野橋東詰の近辺にはカナート洛北店もあり、この周辺にはたくさんの人が集まっています。

出町柳三角州付

全部の送り火を見ることができませんが、出町柳三角州付近もおすすめスポットです。賀茂川と高野川の合流する地点です。

鴨川は多くの人が集まる見物スポットで良い鑑賞場所です。早めに現地に行って良い場所をキープしておくと良いでしょう。

イオンモール京都五条店屋上

イオンモール京都五条店では、五山の送り火のときは屋上にたくさんの人が集まります。「左大文字」が見えます。

その他

京都御苑、銀閣寺道、京都大学周辺などが、一部の送り火が楽しめるスポットとしておすすめです。

他にも市内各ホテル屋上などですが、どこも人で溢れかえっております。しかし年に1度の行事を一目でも見れればと大勢の人が集まります。

 

当日は交通規制も多く、加茂街道(葵橋以北)や金閣寺、渡月橋の周辺などが午後7~9時に歩行者専用道路になります。

(交通規制の詳しい問い合わせは京都府警察本部交通規制課管制係:075-451-9111)

 

 

それから、五山の送り火は、5つそれぞれの山に灯される文字が違いますので、特徴も書いておきますね。

 

五山の送り火・特徴

五山の送り火は、それぞれの文字に趣があります。

どれも京の街とマッチしていますが、それぞれの文字の特徴も気に留めて観賞すると、より感慨深い伝統行事が楽しめますよ。

大文字

送り火の代名詞とも言われる1番有名なものは、東山如意ヶ獄の「大文字」です。
細長くて美しいのが特徴です。

賀茂川(鴨川)堤防〔丸太町大橋〜御薗橋〕の辺りが観賞スポットです。

 

妙法

万灯籠山、大黒天山は「妙法」です。点火が終了したあと、麓のお寺で日本最古の盆踊り
「さし踊り」が行われます。

 

北山通〔ノートルダム女学院附近〕高野川堤防〔高野橋北〕の辺りが観賞スポットです。

 

船形

西賀茂船山は「船形」です。別名「精霊船」と呼ばれています。送り火終了後は、住職による読経と民俗芸能が行われます。

北山通〔北山橋から北西〕の辺りが観賞スポットです。

 

左大文字

大北山は「左大文字」です。こちらは、「大文字」と似ていますが、太くてたくましいのが特徴です。別名、男型と呼ばれます。

 

西大路通〔西院〜金閣寺〕の辺りが観賞スポットです。

 

鳥居形

曼茶羅山は「鳥居形」です。こちらは、漢字ではなく鳥居の形をした火文字です。他の火文字よりもオレンジの色なのが注目のポイントです。

五山の中で最も美しいと言われています。

 

松尾橋・広沢の池などの辺りが観賞スポットです。

 

 

スポンサーリンク



 

五山の送り火・時間

点火の予定時間です。午後8時より順次点灯で、各送り火30分~40分程度と短い点灯です。

 

・大文字(東山如意ヶ嶽) 20:00点火

 

・妙法(松ヶ崎西山・東山) 20:05分点火

 

・船形(西賀茂船山) 20:10分点火

 

・左大文字(衣笠大北山) 20:15分点火

 

・鳥居形(鳥居本曼荼羅山) 20:20分点火

 

 

五山の送り火・意味や歴史

京都の伝統行事として有名な五山の送り火は、毎年8月16日夜行われ、特に「大」の字が浮かび上がる大文字が特に知られています。

行事の起源等は明確に解っていない面もありますが、現在では死者の霊を送る宗教行事として毎年行われており、民間の間で数百年以上受け継がれている行事です。

誰が始めたのか、いつから行われているのかは不明ですが、江戸時代の前期ごろには、すでに行われていたと考えられるため、歴史ある行事です。

平安時代や室町時代に送り火が行われていたと考える説もあるそうですが、確かではありません。

 

 

行事の流れとしては五山に一斉に送り火が灯るのではなく、5分毎に点火されていく事になっています。

 

まずは大文字が20:00に灯り、松賀崎妙法が20:05、船形万燈籠が20:10、左大文字が20:15、鳥居形松明が20:20点火となります。

 

スポンサーリンク



 

こうした点火時間は1962年以前は統一感が無かったものですが、1963年からは大文字の20時点火から始まるように固定化され、そこから2014年に点火時間の変更があり、5分おきの点火となっていきました。

 

五山で文字や図形を形取った炎が、お精霊(しょらい)さんと表現する死者の霊をあの世に送り届けると言われており、京都では盆の事を盂蘭盆会(うらぼんえ)と言って、8月13日に迎え鐘をついてお精霊さんをお迎えし、六道まいり等で始まります。

 

そこから16日の夜に五山送り火と共に、お送りするというものであり、送り火が灯る時には京都のネオン街は消灯されて、大文字から始まり東から西に反時計回りに点火され、そこから1時間程燃え続ける事になります。

 

大文字では「大」の字が大文字山で浮かび挙がり、松ヶ崎妙法は「妙」が松ヶ崎西山、「法」が東山で浮かび、船形万灯籠は西加茂船山に船形図形が浮かび、左大文字も「大」の字が大北山で浮かび、鳥居形松明は曼荼羅山に鳥居図形が浮かぶ形です。

 

スポンサーリンク



 

火を扱う伝統行事であり、全国から多くの観光客も訪れるのですが、雨が降った場合でも中止にならず多少の雨でも行う事になり、集中豪雨等があった場合は延期になった事があります。

 

五山送り火では厄除け利益があると信じられており、送り火点火に使用される護摩木に名前や年齢、持病等を書いて納めて、点火用として焚く事で厄除けに繋がると言われる側面もあるのです。

 

五山送り火を大文字焼きの事として認識されている方も多いですが、大文字焼き自体は京都以外の場所でも行われている所もあり、京都では大文字焼きと表現する例は少なく、大文字の送り火や大文字さんと呼ぶ事が多いです。

 

五山の送り火・護摩木

参拝者は送り火用に願いなどを記した護摩木を奉納することができます。例年の五山の送り火、護摩木(ごまぎ)の受付予定です。

各山とも300円。護摩木の受付時間は予定ですので変更するかもしれません。

また、なくなれば早く終了します。「妙法」は受け付けていません。

 

・大文字ー左京区の銀閣寺門前  日 時 8月15日 正午~20:00ごろ・16日 6:00~15:00ごろ

 

・船形ー北区西賀茂の西方寺門前  日 時 8月上旬から 8:00~16:00・16日 8:00~10:00

 

・左大文字ー北区の金閣寺門前  日 時 8月15日 9:00~15:00ごろ・16日 7:30~昼ごろ

 

・鳥居形ー右京区嵯峨鳥居本の化野念仏寺の駐車場  日 時 8月13-15日 10:00~16:00ごろ・16  日 9:00~昼ごろ

 

 

 

上記の受け付け意外に、数年前ですが、わたしは河原町四条の京都タカシマヤで、奉納用の護摩木を購入したことがあります。

 

スポンサーリンク



 

五山の送り火・消し炭

五山の送り火は、16日の点灯だけではなく、翌日の17日まで京都の伝統行事として認識されているんですよ。

それは消し炭のご利益として、送り火の消し炭は厄よけなどのご利益があるとして、大文字焼きが焚き上げられた山に翌日の早朝に地元の人たちが登り、消し炭をいただきに行きます。

 

その消し炭を半紙にくるんで水引でくくり、戸口などに飾られるのを京都のお店や、家庭の玄関口などでよく目にするかと思います。

 

京の郷土史家として有名な故田中緑紅さんの「京の送火」(1957年)には消し炭は、疫病よけ、中風のまじない、などと書かれています。

 

江戸時代では松の消し炭は民間療法で胃腸薬として使われたとも言われております。

昔から炭というのは、なくてはならないものだったんですね!近年ではあたり前のように、炭は健康や美容アイテムの素材として利用されていますが。

 

それからこの消し炭は、地方の方にも有名になり、多くの人がこの炭を求めて山を登りますが、まだ燃えている木を取る人が増えてきたとのことで、保存会では対応に苦慮しているとの声もありますので、マナーは守りましょうね。

 

 

まとめ

京都において神聖な行事として行われている五山の送り火の、観賞スポットや点火時間、その他概要などをまとめてみました。

わたしは長年、京都に住んでおりまして、五山の送り火が終わると毎年「そろそろ夏も終わりかな」と風流な伝統行事を体感できることが有難いなと思っています。

 

 

スポンサーリンク



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018