肌の老化の原因

肌の老化の原因は80%が紫外線による日焼け!5・7・8月は要注意!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

肌の老化の原因は、80%は紫外線による日焼けです。残りのわずか20%は自然老化です。

紫外線は特に5・7・8月が多いと言われています。この時期の日焼け対策は万全にした方がいいですね。

 

日焼けは、アンチエイジングの大敵で、そのこわい日焼けについて、ここでは、3分で分かる日焼けの大前提を簡単にまとめました。

 

紫外線による肌の老化の原因を理解することで、マストバイ(自分に合った必要な日焼け止め購入)にも役立ちます。

 

スポンサーリンク



 

肌の老化の原因

肌の老化の原因は、主に紫外線によるものです。この紫外線には「UVA」「UVA」「UVC」があります。

肌の老化の原因

UVC(紫外線C波)は、オゾン層に吸収され地上まで届かないので、直接肌への影響はなく気にしないで構いませんが、UVAとUVBは肌トラブルを起こす紫外線です。

 

シミやシワになる肌の老化の原理は、UVAとUVBによる肌トラブルが原因ということですが、
では、UVAとUVBによる肌の老化は、どんな原理なのか詳しく見ていきましょう。

UVA(紫外線A波)

UVAは、紫外線の約90%を占め、窓ガラスでも通過する強力な紫外線のため室内でも油断できません。このUVAは、真皮と呼ばれる肌の奥へ到達して、コラーゲンなどを破壊し傷付けます。その結果「シワ」「たるみ」を引き起こし「肌を黒く」します。とてもこわい紫外線です。

UVB(紫外線B波)

UVBは、肌の表皮にとどまり、肌表面の細胞などを破壊し傷付けます。その結果、「シミ」の原因を引き起こします。このUVBは、大量に浴びると肌が炎症します。夏に海に行った時など肌が炎症しますよね。

 

では次は、これらの肌の老化の原因となる紫外線予防を自分でするための対策です。

 

肌の老化を防ぐには

肌の老化を防ぐには紫外線をできるだけ浴びないことですが、それは不可能なことです。しかし、日傘や帽子程度では紫外線UVAでは全く意味がありません。

肌の老化 対策

 

紫外線を防ぐ対策として、一般的ですが、日焼け止めクリームを欠かさず毎日、使用することです。

 

この日焼け止めクリームを買うときの注意は、PA(UVAを防ぐ効果)とSPF(UVBを防ぐ時間)の確認をして、用途に合った日焼け止めを選んでください。

もしくは近年、話題の体の奥から日焼けを防ぐ、飲む日焼け止めサプリなどで対応をすることです。

 

そして、お肌への水分補給を忘れず、常に潤いを保つことです。

 

スポンサーリンク



 

まとめ

日焼けを正しく防ぐことで、肌の老化の原因を防げるということです。すなわちアンチエイジングになるということです。それだけ紫外線による日焼けは、肌に悪い影響を及ぼすということです。

日焼けの症状は、72時間の間で色素沈着が進行して肌が浅黒くなるサンタン、シミ、シワ、たるみ、ソバカス、熱傷など恐ろしいことばかりです。

肌の老化対策として紫外線防止を見直してくださいね!

 


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018