Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パワーストーンで金運アップが期待できる組み合わせ!

【スピリチュアル】

金運アップが期待できるパワーストーンの組み合わせを調べてみました。

 

収入アップや臨時収入など、金運に関する効果が期待できるパワーストーンは、ダントツの人気を誇るそうです。





金運アップに効果がある天然石はたくさんあります。

中でも特に金運アップに効果があると言われているパワーストーンの代表は「シトリンクオーツ」「ルチルクオーツ」「タイガーアイ」のパワーストーンです。

 

 

これらのパワーストーンは、お金に関連する金色に近い色(黄色・茶色など)をしています。

 

また、落ち着いた色合いでもあるので、コーディネイトを邪魔しない色の組み合わせが可能です。

 

では、金運アップに最強の組み合わせの例を紹介しますね。

 

 

お金の流れを滞らせない組み合わせ

 

パワーストーンのお金の流れを滞らせない組み合わせは『シトリンクオーツ』+『ガーネット』です。

 

シトリンクオーツは、金運アップのための三大パワーストーンのひとつです。淡い黄色をしたシトリンクオーツは、古くから商売繁盛や富をもたらす石として大事にされてきました。

 

 

ガーネットは深い赤色が特徴の1月の誕生石としても有名な石です。

もともとガーネットは「実り」を意味する石のため、シトリンクオーツと組み合わせることによって、富を実らせ、発展させるという金運アップの効果が、より強く期待できる組み合わせとなります。

 




貯金が苦手な人のパワーストーン

 

貯金が苦手という人には『ルチルクォーツ』+『アパタイト』のパワーストーンの組み合わせがおすすめです。

 

こちらは、金運をアップさせたいけれど「貯金が苦手でお金がたまらない」という人におすすめの組み合わせです。

 

ルチルクオーツとは、淡い黄色や茶色の水晶の中に針のような鋭い形をした不純物が混入しているのが特徴です。

この不純物はその名も「針」と呼ばれています。この針の色も黒・金・緑などの色が存在しています。

 

特に、金運効果がとても高いといわれているのが「金色の針」が入っている、ルチルクオーツです。

ルチルクオーツの効果のひとつ「臨時収入が入る」というパワーです。

 

そこに深いブルーやグリーンのアパタイトを組み合わせます。アパタイトは、「絆を強める」という効果が高い石のため、お金との縁を深めてくれ、金運を引き寄せる効果が高まります。

 



金運のチャンスを逃さない

 

直観を高めて金運のチャンスを逃さないパワーストーンの組み合わせは『ルチルクォーツ』+『アマゾナイト』です。

 

前述のようにルチルクオーツは、とても金運アップに良いパワーストーンです。そこに少し緑がかった青色が特徴のアマゾナイトを組み合わせることで、より一層の金運アップにつながります。

 

アマゾナイトは幸運を呼びこむパワーが強い石です。

この2つを組み合わせるパワーによって、重要な仕事上のチャンスを逃さずに、すべてのチャンスをものにして、収入に結びつけるという効果が期待できます。

仕事上での成功をおさめたい時におすすめの組み合わせです。

古い財布の捨て方・お金に縁がなかった財布との別れ方
古い財布をいつまでも持っているのは金運の巡りが悪くなるといいます。財布の寿命は1000日といわれています。古い財布の捨て方は、特にお金と縁がなかった財布なら、捨てる前に、その財布との縁が切れるように、塩でお清めをしてから捨てましょう。では、お金に縁がなかった古い財布の捨て方をご覧ください。

まとめ

お金の流れを滞らせないで、お金との絆を深め貯金へと導き、金運のチャンスを逃さないという、様々な金運を引き寄せるパワーの石があります。

 

これらの組み合わせのパワーストーンを身に付けることによって、金運が授かるパワーを添えられるなら、ぜひ実感してみたいと思いますよね。

 

皆さまに良き金運が授かりますように。

他にもいろいろな金運アップの組み合わせのパワーストーンがあります。

>>最強の金運を引き寄せるパワーストーンの一覧はコチラから確認をしてください。

 

 




 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2019
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。