Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!




子どもの能力遺伝子検査!才能を伸ばすことができる遺伝子キット!

遺伝子検査

子どもの能力遺伝子検査という言葉を最近よく聞きますよね?子どもの潜在的才能を遺伝子検査で調べることだそうです。

 

しかし多くの人はこの遺伝子検査について、子どもの能力なんて何がわかるの?どんな能力を調べることができるの?と、様々な疑問がわいてくると思います。





私もすごく気になりまして、調べてみたので共有しますね。「なるどほど・・ね」と思う子どもの能力の遺伝子検査ですよ。

 

 

子どもの能力遺伝子検査とは

人には、それぞれ得意・不得意を持っているもので、それは実際にそうであったり本人がそう思い込んでいるだけであったりするそうです。

 

子どもの能力遺伝子検査では、本人が気づいているかどうかに関係なく、学習、身体、感性それぞれの持っている能力が分かるということだそうです。

 

子どもの能力の遺伝子検査をして、その子にあった個別の学習法を提案している塾もあるようですよ。テレビでも取り上げられましたよね。

 

子どもには、隠れた才能があるかもしれません、ぜひ伸ばしてあげたいと親なら思いますよね。子どもの能力遺伝子検査は、これからの人生を大きく変えるかもしれないということですよね。

 

子どもの能力遺伝子検査が目指すものは、この分野には能力がないというレッテルを貼ることが目的ではなく、未知の能力に気づき、それを伸ばそうというポジティブなものというとらえ方での検査です。

 

 



 

この検査では、一つの事柄に対して遺伝的能力があるということが分かり、それが分ればその部分を伸ばせば効率的ということで、子どもの才能を伸ばすきっかけになるということです。

 

こっちの能力があって、あっちの能力はそれほどでもないという場合、優劣と思わず個性ということで受け止めることが重要ですよね。

 

学習能力を構成する能力

高い学習能力を支えているのが、記憶力、判断能力、理解力など、物ごとを考える力で、どの分野が遺伝的に得意なのかがわかれば、伸ばす方向が分かり進路選択の参考にもなるということです。

 

学習能力を構成する能力といわれているのもを、まとめてみました。

 

記憶力:覚える能力。暗記力。
理解力:文章を読み解く力。話された内容がわかる能力。
判断力:分岐点で選択する能力。判断能力。
想像力:目の前にないことや経験していないことを思い浮かべることができる能力。
計算力:算数・数学の計算する力。四則計算を行う力。
分析力:文章や状況をさまざまな要素にわけて考え、理解する力。
知性:知ったり、考えたり、判断したりする総合的な能力。
推理力:与えられた情報、状況から物事の本質を見極める力。
読解力:文章を読み解き、理解する力。
図形認識力:ものの形を理解する力。
認知能力:理解、判断、論理などの知的機能。ものごとをものごととして捉える能力。

 

 

身体能力を構成する能力

高い身体能力を支えるのが、持久力、瞬発力など体を動かす能力ということで、これらも、遺伝が大きく関わっているそうです。

能力、潜在能力が分れば、ふさわしいスポーツ、競技も分かるということです。

 

身体能力を構成するといわれている能力を、まとめてみました。

 

運動能力:走る、跳ぶ、投げる、泳ぐなどの体を動かす能力。
エネルギー生産効率:運動中にばてない力。エネルギーを生産し続ける能力。
瞬発力:動き始める力、反応する速さ。瞬間的に発揮できる力。
反射力:ものごとに早く対応する能力。
持久力:長い時間の運動に耐える能力。
聴力・音程:音を聴き取る力。音の高低を聞き分ける能力。

 




感性能力

人間の内面に関係する能力のことで、考え方、性格などのことです。

自分でも気づいていない性格が分ることもあり、お子さんなら、ほめ方叱り方、今後の育て方、教育方針などの参考になるということです。

 

感性能力といわれている能力を、まとめてみました。

 

性格:デリケート、柔和、自己中心的など性格の傾向。
ストレス耐性:ストレスに耐える能力。ストレスをストレスと感じる力。
リスク管理:向う見ずに突っ走らず、状況を判断しつつ、リスクを予想、管理する力。
やる気:目的やゴールに向けて、自分から進んで向かっていける力。インセンティブを必要とするかどうか。
調和性:周りの状況を判断し、自分と周りを合わせる力。
協調性:自己中心に陥らず、周りとともに力を合わせる力。
外向性:自分のまわり、外部の環境、人間に興味を持ち、関わる力。
新奇性探求:ものごとに対する好奇心。衝動性。
開放性:積極的に新たな経験・体験に挑める力。新しい考え方を受け入れられる力。反対が保守的で伝統的な考え方。
行動持続性:一つの行動をやり続けることができる力
報酬依存性:自分がなしえたことに対する見返りを欲するかどうか。見返りがないと動けないかどうか。
自己志向性:意思がしっかりしている。目的意識や決断力が強固かどうか。
自己超越性:自分以外の周りの人やものごと、環境に対する共感性の高さ。受容する力。
疎外感:孤独をどれだけ感じるか。周りとの共感を持ち合えず、距離を感じたり、自分だけ浮いたように感じたりするか。
支配欲:自分以外のものを自分の意思通りに動かそうとする欲求。そうならなかった時の反応。
友人に求めるもの:自分に似たタイプだけか、いろんなタイプを友人にできるか。
利益を求める傾向:少量でも直ちに利益がほしいのか、時間が経った後の大量の利益まで待てるか。
社会性:公共の利益やみんなのことを考えられるか、自己中心的にしか考えられないか。
規則正しさ:計画を実行できるか。整理整頓ができるか。

 

 

ここまでは、それぞれの能力についてまとめてみましたが、ここからは、その能力を調べられる遺伝子検査についてまとめていきますね。

子どもの能力遺伝子検査とは

子どもの能力遺伝子検査を行えば、次のようなことが分るようです。

 

得手と不得意分野、隠れた性格の傾向、自分にあったスポーツや競技も知ることができ、子どもとの接し方や育て方、子どもにふさわしい習い事など。

以上のことが分かるということは、進路・教育方針の参考になりますよね。

 

 

自分の子どものことは、分かっているようでも本質はなかなか分かっていないということのようです。

子どもの能力遺伝子の検査によって、今まで気づかなかったことが新しいきっかけになり、お子様の目標について再考できたらいい方向に進みますよね。

 

 

身体能力についての遺伝的傾向も分れば、適切な競技、スポーツを選択することもできますよね。

 




能力を調べる遺伝子検査には、安心な子ども用キットがあり、何事においても、知ることはとても大きな力になりますよね。

子どもの能力遺伝子検査は、思いもかけぬ大きな力を秘めているように思いませんか?!

 

 

では次では、子どもの能力遺伝子キットにはどういったキットがあるのかを紹介しておきますね。

 

子どもの能力遺伝子検査キット

テレビやメディアでも紹介さた安心・安全の子どもの能力遺伝子検査キットを書いておきますので参考にどうぞ。

能力遺伝子検査は、お子さまが生まれながらにして、どのような能力を持っているかを遺伝子から解析するそうです。

GIQ子ども能力遺伝子検査

GIQ子ども能力遺伝子検査キットは、検査を受ける方の年齢制限はありませんが、幼児期~12歳くらいまでがおすすめです。

国内の医療機関が担当(自宅で出来て安心/国内だから安全)
解析結果と医師からのコメント
記憶力遺伝子の結果に基づき、才能を育てる学習法を提案

また、小・中学生対象の完全個別松陰塾本部・全国170校を展開中の株式会社ショウインが監修した「才能を育てる学習法(冊子)」を付け、成績アップのための遺伝子の読み解き方も提案されます。

まとめ

子どもの能力遺伝子検査についてまとめてみました。

もし、子育てや、お子様の学力に不安を感じたりしたときは、科学的なアドバイスを参考にできる能力遺伝子検査が、役に立つことがあるかもしれませんね!

 

 





 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。