Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!




AGAと遺伝子検査!薄毛などの遺伝的傾向がわかる

遺伝子検査

AGAや薄毛に悩んでおられる方の遺伝子検査が増えているようです。ここでは、AGAや薄毛についての遺伝子検査の情報をまとめてご紹介します。

AGAや薄毛には遺伝子が大きく関わっています。




 

また、薄毛はわかるけれど、AGAってなに?と思ってられる方にも、AGAについての説明と、また遺伝子との関係も詳しく書いていますので、参考にどうぞ。

 

AGAや薄毛の遺伝子検査とは

AGAや薄毛の遺伝子検査では、アンドロゲンレセプター遺伝子(AR遺伝子・男性ホルモン受容体遺伝子)を調べることによって、AGAになる可能性が高いか低いかをチェックすることができます。

 

そしてまた、遺伝子検査では薄毛予防薬「フィナステリド」の治療効果を予測することもでき、頭皮の老化に対する遺伝的傾向もわかるので、それに合わせたエイジングケアも可能です。

 



 

では、AGAや薄毛の遺伝子検査キットで、概ねわかることをまとめていきます。

 

• 脱毛リスク

遺伝子検査によって、AGAを若いときに発症する可能性を予測できます。

 

• 老化の進むスピード

「糖化」「活性酵素」「過酸化脂質」という老化原因物質の遺伝的傾向を知ることができます。

 

• フィナステリドの治療効果の予測

AGAに有効なフィナステリドの治療効果を予測できます。

 

• X染色体から薄毛遺伝子をどのぐらい受け継いでいるか?

人間の男性・女性は、X染色体とY染色体で決まると「生物」の授業で習いましたね。女性はXX(X染色体が2本)。男性はXY(各1本ずつ)受け継ぐことによって、性が決まります。

 

薄毛に関係するアンドロゲンレセプター遺伝子は、X染色体に含まれます。あなたが男性なら、X染色体は女性から受け継いでいるので、母親から受け継いでいます。

 

 

一方、女性なら薄毛の遺伝はどちらからかはわかりません。

ただ、女性に薄毛傾向があっても、女性ホルモンのおかげで薄毛が目立たず、母親の状態からは、あなたが将来薄毛になるかどうかは判断できませんが、母方の祖父が薄毛かどうかは大きな判断材料となります。

 





あなたの母親は祖父からX染色体を受け継いでいるので、薄毛も受け継いでいる可能性があります。薄毛の遺伝はこのようなメカニズムで起こります。

 

AGAって何?

AGAは、「男性型脱毛症」のことで、Androgenetic Alopeciaを略したものです。成人男性で、額の生え際がどんどん後退し、頭頂部の髪の毛が薄くなることをいいます。

 

AGAの主な原因は、思春期以降に急増する男性ホルモンといわれています。

なんと、成人男性(20~69歳)の3人に1人がAGAであるという調査結果もあります。

 

 



 

「男性型」と付いているので、女性には関係ないと思われるかもしれませんが、女性も加齢とともに男性ホルモンが増加するので、発症の可能性は否定できないようです。

AGAになる要因の70%以上は遺伝

AGAは、男性ホルモンの一種、DHT(ジヒドロテストステロン)が原因です。

 

男性ホルモン、遊離テストステロンが、5αリダクターゼという酵素でDHTに変化すると、ヘアサイクルの乱調が起こり、髪の毛が正常に成長しません。毛髪が成長しないまま抜けるので、産毛のような毛ばかりになるということです。

 

 

 

以上述べてきたように、AGAや薄毛は、遺伝子に大きく影響され、薄毛を発症してしまいます。

 

先ほども述べましたが、AGAの7~8割が遺伝ですが、それだけでなく生活環境の影響も無視はできません。

睡眠不足、過度の喫煙、飲酒などの生活の乱れによるホルモンバランスの乱れ、栄養のアンバランス、ストレス過多もDHTの生成を促します。

 

遺伝子検査をするタイミング

遺伝子情報は、一生どのタイミングでも変わることはありません。

 

つまり、AGAや薄毛が気になった時に検査をすればいいということになります。しかしAGA・薄毛予防のためには早くするほうが良いでしょう。

 

 




「親族に薄毛がいる」「自分の将来が不安」なら、早めに検査を受けて、対策を講ずるべきでしょう。

予防だけでなく、すでに薄毛になった人にも遺伝子検査は有効です。なぜなら、あなたの遺伝的体質にあったケア方法、最適なシャンプーなどもわかるからです。

病院検査と検査キットの違い

病院検査と検査キットの違いは、単刀直入にいうと、費用です。

 

AGAや薄毛の検査は、皮膚科やAGA専門クリニックで受けることができますが、その検査は、約20000円程度かかります。さらに、治療には数十万円かかることもざらです。

AGA・薄毛リスクの遺伝子検査キットなら、検査内容にもよりますが、およそ30000円程度で検査が可能です。

遺伝子検査のキットならネットで購入し、検査結果も郵送やオンラインでわかるので、時間的制約がありません。ただ、治療をするためには通院する必要があります。

 

遺伝子検査だけについては、毛髪、爪、口腔内粘膜、血液など、どの検体でも遺伝子情報に違いはありません。遺伝子キットと病院との差は特にはありません。

 

病院で検査の場合は
•検査方法:病院によって異なる
•費用:20000円前後(治療込みで数十万円)
•結果までの期間:1ヶ月程度

 

遺伝子検査キットの場合は
•検査費用:口内の粘膜を採集
•費用:30000円前後
•結果までの期間:14日~21日前後

 

 

AGA・薄毛の遺伝子検査のメリット

AGA・薄毛にあなたがなりやすいかどうか、その遺伝的傾向が遺伝子検査のキットでわかります。

 

遺伝子検査キットでは、あなたの遺伝的傾向、体質にあわせたヘアケア用品をご紹介、提供しているものもあるので、自分で模索しなくても、予防のフォローはしてもらえます。

AGA・薄毛の遺伝子検査キット

AGAや薄毛の気になる方におすすめの遺伝子検査のキットを紹介します。

AGAや薄毛の遺伝子検査キットAGAドック下記は、公式販売もとのサイトです。

AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット

男性型脱毛症・遺伝子検査キット”AGAドック”は、将来的な薄毛のリスクや、AGA治療の効果など予測してくれます。

検査方法は、綿棒でほほの内側を軽くこするだけで簡単にできます。検査結果は3週間後に郵送で届きます。

ファッション雑誌などのメディアでも紹介され、人気の遺伝子検査のキットです。

まとめ

いかがでしたか?AGAや薄毛の遺伝メカニズムや、遺伝子検査キットのメリットをご理解いただけたでしょうか。

 

AGA・薄毛が気になったら、迷わず遺伝子検査を受けることをおすすめします。

 



 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019